似顔絵で笑いと感動をお届け。東北の出張にがおえ屋さん・福田アキヒトのブログ

"日本似顔絵検定協会公認"の出張にがおえ屋さん・福田アキヒトが似顔絵を描きに出張したイベント・パーティーのレポートや日々の出来事で思ったコトを書いてます。

この間ネットニュースで
とあるミュージシャンが
「DMでライブに誘っているのがかっこ悪い」
という内容のツイートをしたという
記事が流れているのを見た。


僕のような立場で言えば
DMで個展に誘っているのが
かっこ悪いみたいな感じでしょうか。
そして絵だけで勝負しろと…。


このミュージシャンは
DMでライブに誘う事を
否定している訳ではないそうで、
ミュージシャンとして音と歌で
勝負したいという信念があるので
こういうツイートに至ったみたいですが、


それだけで勝負できればそれが一番理想。
誰もがそういう考えを持っていると思う。
僕だって絵で勝負できるのなら
絵だけで勝負したい。


でもそれだけで勝負が出来るのって
本当に一握りしかいない。
他を圧倒するほどの
才能を持っている人だけだ。


そういう人は黙っていても
周りが放っておかない。
人生を好転させるような
素晴らしい人と次々と巡り会える。


でもそんな才能なんて
みんながみんな持っている訳じゃない。
それだけで勝負なんて言ったって
相当厳しいのは目に見えてる。
才能あふれる人と同じような
人生になる事なんてまずない。


じゃあどうすればいいのかと言ったら
営業するしかない。
冒頭で描いたようなDMを送るとか、
チラシを配るとか、
専門分野じゃない所で
そういう地道な努力をするしかない。


だって圧倒的な才能を
持っていないんですから。
それが無い人にたくさんの人が
振り向いてくれる訳がない。
興味を持ってくれる訳がない。


だから地道に営業して、
存在を知ってもらって、
興味を持ってもらえるようになって、
そこで初めて勝負できる。


でもその行動を「かっこ悪い」なんて
思っていたら本当に損。
そういうプライドを持っていると
チャンスを掴むはずの
行動さえ出来なくなる。


何もせずにチャンスが
向こうから来るはずがない。
将棋の藤井聡太七段みたいな
天才にならない限り無理。


それは僕自身がよく分かっている。
絵だけで勝負したって
見向きもされなかった。


自分から何かありましたら
何卒よろしくお願いしますと言って
営業していった事で
今までチャンスを掴んできた。
まだまだな部分はけっこうあるけど、
こういう事をかっこ悪いと
思わなかったからこそできた。


かっこ悪いかどうかなんて
気にする必要はない。
かっこ悪いかどうかばかり考えて
行動に移さないことの方が
よっぽどかっこ悪いと思うから。

出店スケジュールはコチラ↓



・LINE@登録で割引のクーポン手に入ります
友だち追加

***************************************



出張似顔絵のご依頼はコチラヘ↓



似顔絵のネット注文はコチラへ↓



グッズのご注文はコチラヘ↓


・似顔絵に関する写真載せてます↓


・僕の名刺が見られます。交換もできます↓







現場で描いている似顔絵は
ほとんど描く人のおまかせで、
しかも短時間で制作するからです。


ネット注文の場合は
制作にかけられる時間が
現場で描くよりもたっぷりあります。
しかも下絵を確認したりしながら
制作を進めていくので安心感もあります。


ですがショッピングモールや
デパートなどの商業施設で
似顔絵を描くときはそうはいかない。
お客様はそんなに待ってはくれません。
だからあまり時間はかけられない。
多くても1人20分くらいでしょう。


それくらいの時間で
描かないといけなくなるので
こんな感じで、あんな感じで、
とお客様の方から色々注文されても、
対応できる時間なんてありません。
なのでおまかせになってしまう。


こうなるとお客様の満足いく似顔絵が
必ず手に入るとは限らない。
似顔絵に対してそこまでのこだわりが
ないのであればいいのですが、
記念はしっかりと形にして残したい、
プレゼントをするなら
良いものを贈りたい、
とお考えであれば断然ネット注文です。


じっくり時間をかけて描いた絵と、
短時間で描いた絵とでは
完成度が全然違います。
料金は高くなりますが、
その分納得する絵が手に入るはず。


もし現場で描いてもらいたいときは
こういう事を頭に入れて来てもらえると
ありがたいです。

出店スケジュールはコチラ↓



・LINE@登録で割引のクーポン手に入ります
友だち追加

***************************************



出張似顔絵のご依頼はコチラヘ↓



似顔絵のネット注文はコチラへ↓



グッズのご注文はコチラヘ↓


・似顔絵に関する写真載せてます↓


・僕の名刺が見られます。交換もできます↓







IMG_1596

遠藤健一さんは強面で
かなり特徴があったので
描いていて楽しかったです。


この似顔絵をどのようにして
制作していったのかを
これからご紹介します。



IMG_1591

まずは最初に描いた下絵。
りんかくは四角い感じで
アゴはしゃくれ気味に。

目は切れ長でつりめ。
鼻筋が通って鼻の穴もハッキリ見える
イメージがありました。

口もクチバシを描くように
上と下のラインをしっかり描きます。



IMG_1592

ここから少しずつ修正。
さっきより目つきは良くなりました。


目の下のシワの中にも縦に線が
入っているように見えたので、
アクセントでちょっと描きました。



IMG_1593

トレーシングペーパーに
ペン入れをします。



IMG_1595

コルクのコースターにトレース。
写すときは鉄筆か、
先の尖ったドライバーを
使うといいと思います。



IMG_1596

最後にハンダごてで焼きます。
これで完成。
線を描くときが一番集中する場面です。


この遠藤健一さんの似顔絵は
僕がウッドバーニングを始めてから
一番の出来になったかもしれません。


次はこれ以上の似顔絵を
制作したいと思っています。

出店スケジュールはコチラ↓



・LINE@登録で割引のクーポン手に入ります
友だち追加

***************************************



出張似顔絵のご依頼はコチラヘ↓



似顔絵のネット注文はコチラへ↓



グッズのご注文はコチラヘ↓


・似顔絵に関する写真載せてます↓


・僕の名刺が見られます。交換もできます↓







このページのトップヘ